住民票のコンビニ交付

今回は便利なサービスである、住民票のコンビニ交付について紹介します。

住民票のコンビニ交付

住民票のコンビニ交付はコンビニエンスストアのキオスク端末で住民票が発行できるという制度です。cvs01_11

市区町村役場にわざわざ足を運ばなくても住民票を取得することができますのでとても便利な制度です。

住民票のコンビニ交付を導入している市区町村

実は、このコンビニ交付制度は市区町村ごとに対応のバラツキがあります。

導入している市区町村では、コンビニで住民票を取得できますが、導入していない市区町村では利用できません。

以下はコンビニ交付を導入している全国の市区町村です。(平成28年11月1日現在)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
北海道・東北地方

江別市、河東郡音更町、八戸市、花巻市、一関市、奥州市、仙台市、名取市、多賀城市、登米市、大崎市、宮城郡利府町、山形市、酒田市、会津若松市、郡山市、いわき市、白河市、須賀川市、相馬市、東白川郡棚倉町、田村郡三春町、双葉郡富岡町、双葉郡大熊町、双葉郡双葉町

関東地方

水戸市、日立市、土浦市、古河市、石岡市、龍ケ崎市、常総市、笠間市、取手市、つくば市、守谷市、筑西市、稲敷市、かすみがうら市、神栖市、つくばみらい市、小美玉市、猿島郡五霞町、猿島郡境町、北相馬郡利根町、宇都宮市、足利市、鹿沼市、日光市、小山市、大田原市、那須塩原市、下野市、河内郡上三川町、芳賀郡芳賀町、下都賀郡壬生町、塩谷郡高根沢町、那須郡那須町、前橋市、高崎市、伊勢崎市、さいたま市、熊谷市、春日部市、草加市、越谷市、戸田市、志木市、新座市、久喜市、北本市、幸手市、秩父郡小鹿野町、市川市、船橋市、木更津市、松戸市、成田市、柏市、浦安市、山武市、山武郡芝山町、中央区、港区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区、三鷹市、町田市、小金井市、日野市、国分寺市、東大和市、川崎市、相模原市、藤沢市、茅ヶ崎市、厚木市、大和市、座間市

北陸地方

三条市、柏崎市、新発田市、十日町市、魚沼市、南魚沼市、高岡市、氷見市、南砺市、射水市、金沢市、小松市、能美市、北河郡津幡町、鹿島郡中能登町、福井市、大野市、あわら市、吉田郡永平寺町、富士吉田市、韮崎市、南アルプス市

山梨県・長野県

笛吹市、甲州市、中央市、南巨摩郡富士川町、南都留郡忍野村、南都留郡富士河口湖町、長野市、松本市、上田市、諏訪市、伊那市、駒ヶ根市、安曇野市、上伊那郡辰野町、上伊那郡箕輪町、上伊那郡飯島町、上伊那郡南箕輪村、上伊那郡宮田村

東海地方

岐阜市、大垣市、高山市、関市、静岡市、浜松市、沼津市、掛川市、御殿場市、裾野市、御前崎市、伊豆の国市、駿東郡清水町、駿東郡小山町、岡崎市、一宮市、瀬戸市、半田市、豊田市、常滑市、小牧市、東海市、知多市、みよし市、鈴鹿市、名張市、いなべ市、伊賀市

近畿地方

大津市、彦根市、長浜市、草津市、栗東市、甲賀市、野洲市、湖南市、米原市、蒲生郡日野町、蒲生郡竜王町、愛知郡愛荘町、犬上郡甲良町、犬上郡多賀町、亀岡市、城陽市、八幡市、木津川市、相良郡精華町、大阪市、豊中市、吹田市、守口市、枚方市、茨木市、八尾市、泉佐野市、富田林市、河内長野市、和泉市、羽曳野市、門真市、摂津市、東大阪市、交野市、神戸市、姫路市、尼崎市、西宮市、伊丹市、加古川市、宝塚市、三木市、川西市、小野市、淡路市、宍粟市、たつの市、川辺郡猪名川町、加古郡播磨町、揖保郡太子町、天理市、生駒市、香芝市、葛城市、橋本市

中国地方・四国地方

米子市、東伯郡琴浦町、浜田市、安来市、岡山市、津山市、広島市、東広島市、下関市、宇部市、三好市、板野郡藍住町、高松市、宇和島市

九州地方、沖縄地方

福岡志、大牟田市、飯塚市、福津市、糸島市、糟屋郡須惠町、糟屋郡新宮町、佐賀市、長崎市、佐世保市、大村市、熊本市、八代市、山鹿市、菊池市、上益城郡益城町、佐伯市、宮崎市、えびの市、鹿児島市、出水市、薩摩川内市、霧島市、那覇市、豊見城市、うるま市、中頭郡読谷村、島尻郡南風原町、島尻郡八重瀬町

japanmap01

コンビニ交付に必要なももの

マイナンバーカード

ただし、利用者証明用電子証明書をカードのICチップに搭載したものが必要です。(カード申請時に搭載を希望する必要がある。搭載しなかった人は、新たに搭載する手続きを市区町村窓口でする必要があります。)

これは、平成27年10月以降に市区町村窓口でカード発行手続を行った人のみ持っているカードです。

マインバーカードは初回発行手数料無料で作れます。003

暗証番号

利用者証明書用電子証明書の暗証番号は数字4ケタになりますので、カード発行時に設定した番号を思い出しておく必要があります。

手数料

これは、市区町村により異なります。

多くの市区町村では窓口で発行するよりも若干安い価格でご利用できます。

利用可能時間帯

これも市区町村により異なります。

ほぼ一日中稼働している市区町村が多い印象です。

コンビニ交付できる場所

これも市区町村により異なります。

セブンイレブンだけ、とかセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート全部可能など自治体によって異なります。

対応可能端末は

【セブンイレブン、ローソン、サークルKサンクス、ファミリーマート、Aコープ北東北、セイコーマート、イオンリテール、コミュニティ・ストア、エーコープ鹿児島、セーブオン】です。

いずれにしても、対応しているコンビニエンスストアのキオスク端末(マルチコピー機)です。

住民票発行時に気をつけたいこと

住民票の任意記載項目のどれを記載するか

住民票には住所、氏名、生年月日、性別などの記載必須項目と

「世帯主&続柄」、「本籍地&筆頭者」「個人番号(マイナンバー)」などの任意記載項目があります。

任意記載項目はどこまで記載する必要がるのか、提出先に確認するようにしましょう。任意記載項目はどれも重要な個人情報なので記載する項目は最小限にとどめましょう。

住民票のコンビニ交付のやり方

キオスク端末(マルチコピー機)の「行政サービス」ボタンを押す。
メニュー選択

証明書交付サービスを選択します。

マイナンバーカードの読み取り

キオスク端末の所定の場所にあるカード置場に、マイナンバーカードを置きます。マイナンバーカードがコンビニ交付で利用可能かどうか確認できます。

暗証番号の入力

マインバーカードの交付時に設定した暗証番号を入力(利用者証明用電子証明書の暗証番号)し、本人確認を行います。

カード取り外し

マイナンバーカードを取り外します。

※マインバーカードの置き忘れに十分注意してください。

証明書の種別選択

お住まいの市区町村で取得可能な証明書の一覧が表示されます。ここで「住民票の写し」を選択します。

交付種別入力

「本人のみ」、「世帯全員」、「世帯の一部」から選択します。

記載事項選択

証明書に記載する項目の有無を選択します。

部数選択

証明書の必要部数を入力します。

発行内容確認

これまで入力した内容の最終確認を行います。
訂正が必要な場合は、該当項目の入力画面または選択画面まで戻って訂正します。

料金支払い

必要部数の証明書の交付手数料をコイン投入口に入金します。

証明書印刷

証明書が必要部数分印刷されます。

取り忘れ確認

証明書を受け取ってください。
取り忘れ防止用の音声案内が流れ続けるので、音声停止ボタンを押してください。

領収書発行

領収書が発行されるので受け取ってください。

まとめ

この住民票のコンビニ交付は市区町村によって対応は大きく異なりますので、対応状況は市区町村に電話で確認することをオススメします。

また、住民票以外にも、印鑑登録証明書、戸籍謄本、戸籍抄本、戸籍の附票、所得証明書、非課税証明書などもコンビニ交付で取得できる自治体が増えています。

利用できる方は、とても便利な制度なので利用しない手はないでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする