転出証明書を紛失してしまった場合

今回は、転出証明書を紛失してしまった時の対応を紹介します。

転出証明書

さて、この転出証明書は転出届をすると市区町村役場から交付される証明書です。

しかし、引越のさなかに転出届をしにいったりすると、荷物につい紛れてしまってどこに行ったのかわからなくなってしまうことがあります。

また、私が知っているケースとしては一度取得した転出証明書の入れておいたバッグを盗まれたなんてこともあるようです。lgf01a201412122000

その時の対応方法は次のとおりです。

転出証明書を再発行してもらう

転出証明書を紛失してしまったことがわかったら、市区町村役場で事情を説明して、もう一度転出証明書を交付してもらうようにお願いしましょう。

その時に必要なものは、

スポンサーリンク
レクタングル(大)
転出届

窓口備付けの届出用紙に、転出証明書を発行してもらった時と全く同じように書きましょう。1回目の届出と異なる箇所は届出日だけです。

また、転出証明書の紛失経緯を窓口の職員に聴取されたり、届出用紙の備考欄ないし余白欄に紛失経緯を書くこともあるようですので、職員の指示に従いましょう。

本人確認書類

運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなどです

印鑑

認印で大丈夫です。ただし、シャチハタ印は控えましょう。

以上のを持参のうえ手続きをすれば転出証明書を無事に再発行してもらえます。

転出証明書の再発行ができない場合

実は、転出証明書の再発行ができない場合もあるようです。

例えば、転出届をしてから転入届の提出を怠っており、かなり時間が経過してから転出証明書の再交付を申請した場合などです。

この場合は、市区町村職員の指示に従いましょう。

転出証明書の再交付以外にも、「住民票の除票」を転出証明書の代わりに持たせてくれる場合もあります。また、もう発行できる証明書は無いので、戸籍謄本と戸籍の附票を持って転入届をするように指示される場合もあるようです。imagebase25_52

ちょっと面倒になりますが、仕方ありません。

まとめ

今回は、転出届をしたのに転出証明書を紛失してしまった場合の対応方法について紹介しました。

しかし、紛失してしまうと何度も市区町村の窓口に足を運ぶ必要もあり、面倒なことになってしまいます。

新しい住所に住み始めたら、いち早く転入届をするようにしましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする