住民票の住所に修正があったら~土地の分筆など~

今回は住所に修正があった場合の届出方法について紹介します。

申出による修正

さて、今回は住民票の住所に修正があった場合について解説します。

※今回は引越を伴わない住所の修正です。引越を伴う住所の変更は「転入届」「転居届」「転出届」で住民票の異動を行うようにしましょう。

住民票の住所に修正があった場合は「申出による修正」という届出がひつようになります。

例)家が建っている土地を分筆した場合

(旧住所)倉敷市西中新田640番地%e7%84%a1jhg

(新住所)倉敷市西中新田640番地1

例)アパート名に変更があった場合

(旧住所)福山市東桜町3番5号 サクラハイツ101号

(新住所)福山市東桜町3番5号 ローズハイム101号

このような場合は申出による修正の届出をする必要があります。

届出先

市区町村役場の住民課(市民課、区民課、町民課など)

届出できる人

本人もしくは同一世帯の世帯員

必要なもの

スポンサーリンク
レクタングル(大)
異動届

市区町村の窓口に置いてありますので、その場で記入しましょう。

新住所は変更後の住所、旧住所には変更前の住所を記入しましょう。

本人確認書類

運転免許証、マイナンバーカード、在留カード、パスポートなど

印鑑

認印(シャチハタ印は避けた方が良い)

マイナンバー通知カードもしくはマイナンバーカード(世帯全員分)

tuuticard11003

新住所をサインパネル欄に記入してもらうことになります。

国民健康保険被保険者証など市区町村から発行されているもの(世帯全員分)

住所が変更になるので、保険証類が差し替えになります。

住所の名称が変更になったことがわかる書類

土地の分筆が合筆の場合・・・土地の公図の写しなど

アパート名が変更になった場合・・・管理者やオーナーからのお知らせなど

委任状(代理人選任届)

本人やその世帯員以外の者が手続きを行う場合は委任状(代理人選任届)が必要になります。

まとめ

いかがでしょうか?土地の分筆などはしばしば行われますので、引越を伴わない住所の修正は「申出による修正」という異動内容で届出をしましょう。

引越を伴う場合は、「転出届転入届」、「転居届」などで手続をしましょう。

関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする