マイナンバーカード(個人番号カード)が紛失・盗難等にあったときの対処方法

さて、今回はマイナンバーカード(個人番号カード)が紛失・盗難等にあってしまった場合の対処方法について紹介します。

「マイナンバーカード(個人番号カード)」

※マイナンバー(個人番号)の通知カードが紛失・盗難等にあってしまった場合は下記の記事を参考にしてください。

マイナンバー(個人番号)通知カードを紛失した・・・再発行する方法は?

「通知カード」

紛失・盗難等に気づいたらまずマイナンバーカードの利用停止を!

マイナンバーカードの紛失・盗難等に気づいた場合は、すぐにカードの利用停止の手続をしましょう。

次に、お近くの交番や警察署へ紛失・盗難届を提出しましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
マイナンバーカードの一時利用停止申請
申請の方法

電話連絡

申請先

①、②のいずれかに電話しましょう。

①マイナンバー総合フリーダイヤル(無料)
0120-95-0178
音声ガイダンス番号は、
3番:マイナンバーカード(個人番号カード)の紛失・盗難について
を選択します。
マイナンバーカードの紛失・盗難等による一時利用停止については、24時間365日対応しています。

②個人番号カードコールセンター(有料:全国共通ナビダイヤル)
0570-783-578
マイナンバーカードの紛失・盗難などによる一時利用停止については、24時間365日対応しています。
※IP電話等で繋がらない場合は050-3818-1250にかけましょう。

上記①、②いずれかの連絡先でマイナンバーカードを紛失したことを告げて、マイナンバーカードの一時利用停止をしてもらいます。

警察への遺失・盗難届

マイナンバーカードの一時利用停止手続が済んだら、警察へ届出をしましょう。ただし、家の中で紛失した場合は届出の提出は不要です。(受理されません。)

盗まれてしまった場合は警察の刑事課へ盗難届

紛失してしまった場合は警察の会計課へ遺失届

をします。

そして、「受理証明書」もしくは「受理番号」を控えさせてもらいましょう。カードの再交付等の届出の際に必要になります。

紛失していたマイナンバーカードが見つかった場合

紛失していたマイナンバーカードが見つかった場合は、お住いの市区町村窓口へ「個人番号カード一時停止解除届」を提出し、一時利用停止を解除する必要があります。

個人番号カード一時停止解除届の提出方法
届出先

住所地市区町村

届出できる人

マイナンバーカード所有者本人

※代理人が手続をする場合には委任状や代理人の本人確認書類等が必要です。

必要なもの

・マイナンバーカード

・「個人番号カード一時停止解除届 利用者証明用電子証明書一時停止解除届」

これは、市区町村窓口で備え置いてありますので、提出時にその場で記入しましょう。

※利用者証明用電子証明書を搭載している場合は、マイナンバーカードの一時停止の申請をした時点で一時停止になっています。

利用者証明用電子証明書の解除申請も同じ申請書で同時に申請しましょう。

・本人確認書類

運転免許証、パスポート、障がい者手帳など

※保険証など顔写真が無い本人確認書類は2点以上必要になります。

・印鑑

認印で大丈夫ですが、シャチハタ・ゴム印は避けましょう。

「個人番号カード一時停止解除届 利用者証明用電子証明書一時停止解除届」記入例

※市区町村が独自の様式を採用している場合もありますが、記載内容は同じものです。

参考 マイナンバーカードの一時利用停止と署名用電子証明書

署名用電子証明書を搭載している場合は、マイナンバーカードの一時停止の申請をした時点で、廃止されてしまいます。

改めて、署名用電子証明書を新規発行する手続が必要になります。

署名用電子証明書の新規発行方法

紛失・盗難等にあったマイナンバーカードが見つからない場合

紛失・盗難等にあったカードが見つからない場合はカードの紛失・廃止届を提出することになります。

個人番号カード紛失・廃止届の提出方法
届出先

住所地市区町村

届出できる人

マイナンバーカード所有者本人

※代理人が手続をする場合には委任状や代理人の本人確認書類等が必要です。

必要なもの

・「個人番号カード廃止・紛失届 電子証明書失効申請/秘密鍵漏えい等届出書」 

これは市区町村窓口に備え置いてありますので、提出時にその場で記入しましょう。

※マイナンバーカードに電子証明書を搭載していた場合には、同じ申請書で電子証明書の失効申請もしてしまいましょう。

・本人確認書類

運転免許証、パスポート、障がい者手帳など

※保険証など顔写真が無い本人確認書類は2点以上必要になります。

・紛失・盗難等の事実を証する書類等

警察への遺失物届の「受理証」や「受理番号の控え」など

・印鑑

認印で大丈夫ですが、シャチハタ・ゴム印は控えましょう。

「個人番号カード廃止・紛失届 電子証明書失効申請/秘密鍵漏えい等届出書」記載例

※市区町村が独自の様式を採用している場合もあります。

ただし、記載内容は同じです。

マイナンバーカードの再交付をする方法

上記の「個人番号カードの紛失・廃止届」を出した後であれば、マイナンバーカードを再交付することができます。

詳しくは以下の記事で紹介しています。

⇒マイナンバーカード(個人番号カード)の再交付方法

マイナンバーカードの紛失・盗難等により不正利用が心配な場合

マイナンバーカードの紛失・盗難等により、第三者にマイナンバーカードやマイナンバーが不正利用されるおそれがある場合にはマイナンバー(個人番号)を変更することができます。

⇒マイナンバー(個人番号)を変更する方法

まとめ

いかがでしょうか?

今回は、マイナンバーカードが紛失・盗難にあった場合の手続について紹介しました。

次回は、マイナンバーカードの再交付の方法を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする