3ヶ月未満の渡航は「たびレジ」登録を!

さて、今回はパスポートの手続に関連して「たびレジ」について紹介します。

滞在期間の目安は3ヶ月

私たちが、海外に滞在する際には在外公館等への届出が必要になる場合があります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
滞在期間が3ヶ月未満

私たちが、海外へ3ヶ月未満の渡航を予定している場合には、「たびレジ」を登録することをおすすめします。(任意)

滞在期間が3ヶ月以上

滞在期間が3ヶ月以上になる予定の場合は、在外公館へ「在留届」を提出することが義務づけられています。(義務)

また、3ヶ月以上の場合でも「たびレジ」の登録をすると便利です。(任意)

「在留届」についていは次回、詳しく紹介します。

⇒3ヶ月以上の海外滞在は「在留届」を!

旅券法

(外国滞在の届出)
第16条 旅券の名義人で外国に住所又は居所を定めて3月以上滞在するものは、外務省令で定めるところにより、当該地域に係る領事館の領事官に届け出なければならない。

「たびレジ」とは?

「たびレジ」は海外へ渡航する方が一定の情報を登録すると、外務省から様々な有益な情報を受け取ることができるシステムです。

「たびレジ」登録事項
氏名(漢字)
日本国パスポート番号
生年月日
電話番号
メールアドレス(複数)
同行者情報(複数)(氏名、日本国パスポート番号、電話番号)
ツアー会社
同行者数
渡航先情報(複数)(渡航先国・地域、都市、宿泊先、宿泊先電話番号、滞在期間)

※入力項目の簡素化により、日本国パスポート番号(旅行者、同行者ともに入力不要)、姓名(漢字)、宿泊先、目的地は入力不要となったようです。

受け取ることができる情報
お役立ち情報の提供
「たびレジ」に旅行日程を登録すると、旅行先在外公館の連絡先や、旅行先国の海外安全情報などが見られる。
緊急時の情報提供
登録したすべてのメールアドレスには、在外公館が出す緊急一斉通報や、最新海外安全情報メールが送られる。
緊急時の連絡
旅行先の国・地域で緊急事態が発生した時には、登録した電話番号や、宿泊先を基に、緊急時の連絡が行われる。

「たびレジ」に登録された情報の取扱い

「たびレジ」に登録された情報は、旅行終了から30日を経過した時点で削除されるとのことです。

ただし、「旅行者情報を旅行終了後1年間保存する」を選択した場合は、氏名、日本国パスポート番号、生年月日、電話番号、メールアドレス(複数)、ツアー会社の各情報は最終旅行終了後1年間保存した後に削除されるようです。

「たびレジ」の登録先

外務省海外旅行登録「たびレジ」の登録は下記のURLからすることができます。

⇒外務省海外旅行登録「たびレジ」

(外務省ホームページ「「たびレジ」外務省海外旅行登録」https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/)

まとめ

いかがでしょうか?

海外へ渡航する場合には「たびレジ」に登録し、滞在地情報を積極的に入手し安全で快適な渡航を心がけましょう。

次回は「在留届」について紹介します。

関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする