空港の顔認証ゲートで出入国

今回は、パスポートに関連したトピックとして「顔認証ゲート」による出入国審査について紹介します。

「顔認証ゲート」とは?

これは、「顔認証システム」を導入した自動化ゲートのことです。

「顔認証システム」とはパスポートのICチップ内に記録された顔画像と、その場で撮影した顔画像を照合し、同一人物と判定がされれば自動化ゲートを通過することができるというものです。

2014年の実証実験では本人を認証できない確率は0.3%以下だったということです。

ちなみに、撮影された顔画像データは審査が終わると消去されるということです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
参考 「指紋認証ゲート」

実は、既に指紋認証による自動化ゲートが2007年11月から【成田空港】、【羽田空港】、【成田空港】、【関西空港】、【中部空港】の各空港で導入されています。

しかし、「指紋認証ゲート」は事前登録手続が必要という面倒さ、指紋が登録されることへの抵抗感から利用率は低迷しています。

ちなみに、昨年の日本人の利用率は約8.1%となっています。

「顔認証ゲート」の導入背景

「顔認証ゲート」の導入背景としては以下の点があげられます。

出入国審査の円滑化
「顔認証ゲート」は、事前登録不要で、審査は約15秒で済むということです。今までの出入国審査に比べて時間の短縮化が進むことになります。

テロ対策の強化
「顔認証システム」を導入することにより、不正出入国の強化に努めるということです。
2020年の東京オリンピック・パラリンピックを前に、テロ対策の強化の必要性が求められています。

出入国審査業務の業務効率化
法務省入港管理局による統計では、平成28年の外国人入港者数は約2,322万人(前年比約353万人増加)、日本人出国者数は約1,712万人(前年比約90万人増加)となっており、空港での出入港審査の業務効率化が求められています。

「顔認証ゲート」の導入場所・導入時期

まずは、2017年10月から【羽田空港】で日本人帰国者を対象に先行導入される見込みです。

また、2018年には利用者数の多い【成田空港】、【中部空港】、【関西空港】でも本格運用される予定です。

まとめ

いかがでしょうか?

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催を前に、出入国審査の円滑化、テロ対策強化の要請から「顔認証ゲート」の導入が進みそうです。

是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする