都道府県別の市町村数ランキング

さて、今回は都道府県別の市町村ランキング(2017年1月1日現在)を紹介します。

市数ランキング

ここでは、市町村のうち市の数が多い都道府県と少ない都道府県を紹介します。

1位  埼玉県 40市
2位  愛知県 38市
3位  千葉県 37市

4位  北海道 35市

5位  大阪府 33市

47位 鳥取県 4市

埼玉県、愛知県、千葉県の順に多いことがわかります。

最近では千葉県は2013年に大網白里市が市制施行しました。

また、埼玉県・愛知県はそれぞれ2012年に白岡市と長久手市が市制施行をしています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
全国で1番新しい市

全国で1番新しい市は宮崎県の「富谷市」です。

2016年10月10日付けで黒川郡富谷町が単独で市制施行しました。

仙台市のベッドタウンとして人口の増加が続いているようです。

町数ランキング

ここでは、市町村のうち町の数が多い都道府県と少ない都道府県を紹介します。

1位  北海道 129町
2位  福島県 31町
3位  福岡県 30町

4位  長野県、熊本県 23町

47位 大分県 3町

やはり、面積が広い分圧倒的に北海道で町数が多いことがわかります。

人口が1番多い町

全国の町の中で1番人口が多いのは広島県安芸郡の「府中町」です。

府中町の人口は51,152人と、住民数だけに目を向ければ、既に市制施行(人口5万人以上)をすることができます。

ちなみに、府中町は日本を代表する自動車企業の1つ、マツダの企業城下町として知られています。

村数ランキング

ここでは、市町村のうち村の数が多い都道府県と少ない都道府県を紹介します。

1位  長野県 35村
2位  沖縄県 19村
3位  北海道、福島県 15村

5位  奈良県 12村

35位

栃木県、石川県、福井県、静岡県、三重県、滋賀県、兵庫県、広島県、山口県、香川県、愛媛県、佐賀県、長崎県 0村

長野県、沖縄県の順に村数が多いことがわかります。

長野県、沖縄県どちらも多くの自然が残されており、観光地として人気のある県ですね。

1番人口が少ない村

全国で1番人口が少ない村は、なんと東京都にあります。

その村は東京都八丈支庁の「青ヶ島村」で、人口175人(2017年5月1日現在)となっています。

名前のとおり小笠原諸島の1つの島です。

日本本土から青ヶ島村へ行くためには空路でも1時間以上、海路では13時間以上の時間がかかります。

まとめ

いかがでしょうか?

今回は、各都道府県の自治体数に焦点をあててみました。

どうぞ参考にしてみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする