パスポート自由度ランキング2020

今回は、昨年の「パスポート自由度ランキング2019」に引続き発表された「パスポート自由度ランキング2020」について紹介します。

⇒「パスポート自由度ランキング2019」(内部リンク)

「パスポート自由度ランキング」とは?

これは、イギリスのコンサルタント会社であるヘンリー&パートナーズがIATA(国際航空運輸協会)の協力を得て、毎年発表しているものです。

ランキングは「ビザ規制指数」による

ビザ規制指数は、ノービザ(査証免除待遇)での入国が可能な国の数を1国につき1点で点数化したものです。

そして、その順位がその国の国際的地位が分かる指標として発表しているのです。

ノービザ(査証免除待遇)での入国が可能となるためには、その国の発展度合、民主化レベル、治安レベル(武力衝突やテロの起こりにくさ)が考慮されるため、「ビザ規制指数」はしばしば、その国の国際的地位が分かる指標として引用されるのです。

パスポート自由度ランキング2020

対象となったのは199ヶ国・地域(国連加盟国193ヶ国+台湾、マカオ、香港、コソボ、パレスチナ、バチカン6地域)のパスポートについて227ヶ国・地域への入国の自由度を調査しています。

1位  日本      191点 (前回1位)
2位  シンガポール  190点 (前回1位)
3位  ドイツ     189点 (前回3位)
    韓国           (前回3位)
4位  フィンランド  188点 (前回4位)
    イタリア         (前回3位)
5位  デンマーク   187点 (前回6位)
    ルクセンブルク      (前回4位)
    スペイン         (前回4位)

6位  フランス     186点

スウェーデン

7位  オーストリア   185点

アイルランド

オランダ

ポルトガル

スイス

8位  ベルギー     184点

ギリシャ

ノルウェー

イギリス

アメリカ

9位  オーストラリア  183点

カナダ

チェコ

マルタ

ニュージーランド

10位 ハンガリー    181点

リトアニア

スロバキア

11位 アイスランド   180点

ラトビア

スロベニア

12位 エストニア    179点

13位 リヒテンシュタイン178点

マレーシア

14位 ポーランド    176点

15位 モナコ      175点

16位 チリ       174点

キプロス

17位 ルーマニア    172点

18位 ブルガリア    171点

アラブ首長国連邦

19位 アルゼンチン   170点

ブラジル

20位 クロアチア    169点

香港

32位 台湾       146点

51位 ロシア      118点

55位 トルコ      111点

72位 中国        71点

103位 イエメン     33点
104位 パキスタン   32点
     ソマリア
105位 シリア     29点
106位 イラク     28点
107位 アフガニスタン 26点

パスポート自由度ランキング2020 総評

○「日本」が単独1位となりました!

2019年のランキングでは「シンガポール」と「韓国」と同率1位でしたが、2020年は初の単独1位となりました。

日本がビザ無し入国が認められているのが191国ということで前年度よりも2ヶ国増えたことになります。

ちなみに前回同率1位だったシンガポールは2位、韓国は3位と依然としてパスポートの自由度が高いことがわかります。

○上位には欧州主要国と北欧諸国が多い印象

3位「ドイツ」4位「フィンランド」「イタリア」5位「デンマーク」「ルクセンブルク」「スペイン」6位「フランス」「スウェーデン」となっています。

○「ロシア」が入国可能な国は118国で51位、「中国」が入国可能な国は72国で71位となっています。両国とも昨年に比べて順位を下げる結果となりました。

○最下位層には紛争等が起きている国が占めている

104位にランクインしたのが「ソマリア」、105位「シリア」、106位「イラク」107位「アフガニスタン」

昨年末にNGOで活動していた邦人が銃殺されるという痛ましい事件が起きたアフガニスタンが最下位となりました。

ちなみに、アフガニスタンのパスポートでビザ無し入国が認められるのは26国ということです。

まとめ

いかがでしょうか?

今回は「パスポート自由度ランキング2020」について紹介しました。

今回調査で日本が初の単独1位に躍り出ました!

どうぞ参考にしてみてください。

ちなみに昨年の「パスポート自由度ランキング2019」は以下の記事で確認することができます。

⇒「パスポート自由度ランキング2019」(内部リンク)

関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)