一時帰国者のパスポート申請

さて、今回は一時的帰国者のパスポート申請について紹介します。

一時帰国者のパスポート申請

移住者、駐在員など長きにわたって日本国外で生活している人で国内に住民登録をされていない人でも一時帰国時にパスポートの申請手続をすることができます。

※在外公館でパスポートの切替発給をすることこも可能です。

パスポートの切替新規発給

一時帰国者(日本国内に住民登録が無い人)でパスポート残存有効期間が1年を切っている場合には、パスポートの「切替発給」をすることができます。

ただし、一時帰国者の場合、通常のパスポート申請と異なる点もあるので注意が必要です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
届出できる人

本人のみ

届出できる人はパスポートの交付を希望する本人のみです。

代理提出はできませんので注意が必要です。

窓口

滞在地を管轄するパスポート窓口

一時帰国者の場合は住民登録が無いので、滞在中の市町村パスポート窓口もしくは、滞在中市町村を管轄する都道府県パスポート窓口となります。

⇒全国パスポート窓口一覧

必要書類
一般旅券発給申請書1通

一般旅券申請書には10年用5年用の2種類が用意されています。

申請要件や希望に合ったものを選びましょう。

申請書はパスポート窓口で無料で入手することができます。

10年用一般旅券発給申請書

20歳以上で10年用のパスポートを希望する方が使用します。

「10年用旅券申請書」

5年用一般旅券発給申請書

20歳未満または、20歳以上で5年用のパスポートを希望する方が使用します。

「5年用旅券申請書」

一般旅券発給申請書の記載方法

申請書の記載方法は下記のページを参考に記載しましょう。

一般旅券発給申請書の記載方法(内部リンク)

記載方法として注意が必要なのは、「現住所」欄には国外の住所を記載し、「居所」欄に日本国内の滞在地を記載する点です。

有効期間内のパスポート

パスポートの更新には有効期間内のパスポートが必ず必要になります。

また、本人確認書類を兼ねています。

顔写真1枚

パスポートの申請の日から6ヶ月以内に撮影されたもので、尚且つ所定の規格を満たしたものが必要になります。

街角に設置されている照明写真機では、写真の撮影費用が安価な反面、規格を厳密に満たす写真をとるのは難しいのではないかと思います。

少し値は張りますが、写真館などで撮影した写真の方が確かだと思います。

パスポート申請用の顔写真の規格

(外務省ホームページ「旅券用提出写真についてのお知らせ」外部リンク)

居所申請申出書

これは、居所でパスポートの手続を申請するための申出書です。

都道府県により様式が異なる場合がありますので、届出先の窓口で記入しましょう。

「居所申請申出書」

※これは愛知県の様式ですが、都道府県によって異なります。

一時帰国者であることが確認できる書類(※)

永住証明書、外国人登録証、長期滞在者許可証、再入国許可証、戸籍の附票など

(※)ただしパスポートに査証(ビザ)・再入国許可がある場合はパスポートで一時帰国者であることが確認できるので不要です。

戸籍謄本または戸籍抄本1通(※)

(※)更新前に記載されている氏名、性別、生年月日、本籍地都道府県が変更になっている場合にだけ必要になります。

戸籍抄本・戸籍謄本の有効期限

有効期限は取得後6ヶ月以内のものです。

戸籍抄本・戸籍謄本の取得方法

戸籍謄本または戸籍抄本は、住所地市区町村ではなく、本籍地市区町村で予め取得しておく必要があります。

戸籍抄本・戸籍謄本の詳しい取得方法は下記のページを参考人してください。

戸籍抄本・戸籍謄本の取得方法(内部リンク)

まとめ

いかがでしょうか?

今回は一時帰国者のパスポート申請について紹介しました。

どうぞ参考にしてみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする