住民票記載事項証明書とは?

今回は、「住民票記載事項証明書」について紹介したいと思います。

住民票記載事項証明書とは?

住民票記載事項証明書は

言い換えれば、住民票に記載されている事項を証明する書類ということです。

取得できる窓口も、市区町村の住民か窓口で1通200円前後で取得できます。

住民票と違うところ

「じゃあ、住民票と同じでなのでは?」

はい、住民票と記載される事項はほとんど一緒になります。

ただ住民票には記載されて、%e7%84%a1%e9%a1%8c4

住民票記載事項証明書には記載されないことがあります。

それは、「前住所地」です。

これについては、住民票記載事項証明書では記載されないようです。

それ以外の項目についてはほとんど住民票と同じ事項が記載されるようです。

住民票記載事項証明願とは?

これは、僕たちが住民票に記載されている事項を予め、

任意の書式に記載して市区町村住民課へ持参して、その記載事項について誤りがないことの証明依頼を求めるものです。

住民票に記載されている事項と食い違いが無ければ、

「上記届出のとおり相違ないことを証明する。」

として市区町村長の証明を受けることができます。

このれは、学校に入学する時や、企業に採用された時に学校や企業から証明してくるようにと書式を渡された場合に必要になることがあります。

企業や学校などは不必要な個人情報を収集するのを避けるために、入学や入社に必要な個人情報だけを市区町村役場で証明してもらうように新入社員や入学者に渡すことが多いようです。

%e7%84%a1%e9%a1%8c3

まとめ

今回は、「住民記載事項証明書」と「住民記載事項証明願」について紹介しました。あまり見かけない証明ですが、入社や入学の時に企業や学校から取得を求められたりする書類ですので紹介させていただきました。

関連コンテンツユニット



スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)